2017-07-14 たおやかな風景 ㊺ 願いごと一つ 奈良新聞連載記事

願いごと一つ

 

「夫(ととう)ひとり養えんで一人前の海女とは言えん」命がけで一家を支えてきたという海女。こんな気概を持つ働き者の海女たちが、漁の安全や大漁などを祈り、古くから信仰してきた石神さん(三重県鳥羽市)。祭神は玉依姫命、女神様である。「女性の願いを一つ叶えてくださる」と伝えられ、今でもお参りする人が後を絶たない。
石神さんにお参りすることが決まってからの2週間、実に悩ましい日々が続いた。もともと願いごとを書くことが苦手である。ショッピングモールに設置された七夕の短冊一つ書くのにも難儀する。悩んだあげく「家族みんなが健康で過ごせますように」とかわり映えしない。善人然とした、無欲然とした、「よそいき」の私の願いごとは、自由で生き生きとした願いごとの陰に隠れ、あれじゃ神様の目にも止まらないだろう。
自分勝手でも、ちっぽけでも無謀でも、人がどう思おうといいじゃないか。自分の願いごとを堂々と願う勇気を持ってみたらどうだ!そう、ゼペットじいさんのように。

子供のいないゼペットは、自分が作った木の人形を本物の子どもにして欲しいと夜空の星に願う。アニメとは言え、常識では考えられない願いごとが叶う。ゼペットとピノキオが抱き合って喜び合っているとき、コオロギのジミニ―はそっと窓辺に行き、星空を見上げて星の女神にお礼を言う。ジミニ―歌う「星に願いを」に包まれて物語は幕を下ろす。
英語版の美声の主はクリフ・エドワーズ。ディズニーのアニメ映画『ピノキオ』の主題歌「星に願いを」は、アカデミー賞の歌曲賞を獲得し、またアメリカ映画主題歌ベスト100の第7位という、ディズニー関連作品史上最高位を獲得した。
しかし、もっと驚くことは、1940年というこの作品の誕生年である。1939年、ヒトラー率いるドイツ軍がポーランドに侵攻、第二次世界大戦が開戦した。ヨーロッパ戦が激しさを増す中で、真珠湾攻撃(1941年)、太平洋戦争が勃発。死者推定5500万人、史上最大、最も破壊的な世界大戦の真只中に、この作品は誕生したのだ。
〽When you wish upon a star…「星に願いをかけるとき、心を込めて望めば、きっと願いは叶うでしょう」―この後、世界中を巡り歩いたこの歌が、どれほど多くの人々に夢と希望を与えたかは言うまでもない。
「世界中の人々が笑顔で暮らせるように」それは世界中の人々の願いである。家族の健康は家族みなが願っていること、子ども達の幸せを願わない親はいない。少しそこから離れてみようじゃないか。まっすぐ自分の心を見つめて…やりたいことは?命がけでやり遂げたいことは?願いごと一つ、それは何?
結婚してすぐに主人の両親と同居、子どもが生まれ、長年大家族の中で暮らしてきた。そういえば、自分のことを考えている暇などなかったような気がする。
自分と真剣に向き合ったこの2週間、思いがけず貴重な時間となった。

石神さんの小さなお社は、相差の氏神である神明神社の参道にあった。さっそく社務所でお守りを購入。伊勢志摩の土で染めた土染めの麻布のお守りには、海女の磯着などに記されているドウマン・セイマンが貝紫色で描かれている。格子模様のドウマンは、魔物の入る隙間が無いようにと、一筆書きできる五芒星(ごぼうせい)のセイマンは、必ず無事に元に戻って来られるようにと、共に、素潜りで貝を採る命がけの作業から海女を守ってきた、魔除けのシンボルである。
お守りを握りしめ、「願いごと一つ」息を止めて一気に書いた。石神さん参拝。再び社務所の前を通って本殿に向かおうとした時、社務所の男性の声が聞こえてきた。
「願いごとが叶えばお礼参りをされ、古いお守りを返してください。また願いごとがあれば、お守りを購入され、同じように繰り返してください」
何ということだ!願いごとはお代わりできるのか。いいや、女神様がそんなことを言われるはずがない。人間が苦し紛れに考えついたことに違いない。

なぜホッっとしている?そんな自分が腹立たしい。